Sっ気のあるデリヘル嬢が好みだ。

ヒーヒー言わされるぜ、鹿児島のデリヘル嬢に。笑

 人間には二つの種類があって、「褒められて伸びる人間」と「けなされて伸びる人間」がいる。

俺は圧倒的に後者のほうで、「何クソと!」と思うほど頑張れる。

だから課は知らないが、鹿児島 デリヘルを呼ぶ時はちょっとイジワルそうなSっぽい娘を呼ぶようにしている。(なんのこっちゃ。笑)

 今でもたまに思い出すのが、高校の柔道部のときにとある合気道の師範と試合をした。

当時180センチ・100キロ近く合ったのに、160センチくらいで50キロそこそこの40過ぎたおっさん相手にボロボロにされた事がある。

 今思えばあの時に負けの悔しさと怠慢になってはいけない事を教えられたな…。

数年ぶりに会いたくなったから、来週にでも酒を持って挨拶に行ってこよう。

気の強い鹿児島のデリヘル嬢ほど、優しさを求めている。

見た目は厳つい(よく“ヤ”の商売の人に間違われる)のに中身はヲタク丸出しの俺が通りますよ。笑

ホントに見た目があれなんで女の子に近寄りもされないんだけど、最近は自分から接触するようにしている。

特に鹿児島 デリヘルのお姉ちゃん達に好評だったのが「手相」だね。

 後は少し口がうまければ何とかなるもので、第一声は「あれ?過去に男で失敗した子とあるね?」でスタート。

だって失敗した事のない女なんていないからね。笑

 そこから手を触りながら、曖昧な質問を繰り返せば自然と仲良くなれるわけ。

ただし…、何回も言うけど見た目が怖いと商売のお姉ちゃんくらいしか相手してくれないんだけどね;涙