デリヘル嬢とハッスルしたい!!

筋肉質な鹿児島デリヘル嬢に会いに行く

初めて言ったカフェにて、ブラジル系で日焼けの似合う爆乳美女に逆ナンパされる。

生粋の外人なんて鹿児島 デリヘルでも中々お目にかかれないのもあり、小心者ながらテンションMAXで食事に誘ってみた。

 お酒も入りいいムードになってきたので、ホテルに誘ってみると二つ返事で着いてくるではないか。

そしたら部屋に入るなりフェラから始まり推定Iカップのパイズリ、そして激しく腰を振りながらのマッスルドッキング。

その間、ずっと俺の鍛えた身体(筋肉)を触り続けて、「この筋肉がいい!」の連呼。

 終わってから聞いたらただの“筋肉フェチ”だったらしく行為自体は『まあまあ』だとさ。

う~ん、もう二度と合わないだろうな。笑

乳輪の大きな鹿児島デリヘル嬢を弄びたい

普通さ、会議の席って何らかのプロジェクトだテーマだ有って、その中でディスカッションするでしょ?

今日の朝、部長が急遽会議室に我々を呼び出していきなり「え~っと、とりあえず自由にやってくれ。」とのこと。

え?どういう事?自由にってことは『お気に入り鹿児島 デリヘル嬢のオッパイの形の話』とか話しちゃうよ?

 いきなりの出来事に固まっていると、「普段何の仕事してんだよ、適当に喋ることも出来ないのか?」っと謎の恫喝が始まる。

いやいや、何もやることが無いなら黙っててくれよ、この間も俺たちの仕事は止まっているんだからさ。怒

 “自由”の言葉が一番“不自由”と言う事に気付きつつも、かなりの殺意を覚えた時間であった。